さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

【書評】未来についての思考がもう一歩深くなる1冊― 『LIFE 3.0』

投稿日:

 

おもしろい!

 

LIFE 3.0―人工知能時代に人間であるということ

「我々の未来は我々が作るものだ」現在考えうる超知能AI出現後の各シナリオを検討する。AI開発の指針「アシロマAI原則」の取りまとめに尽力し、AI安全性研究を牽引する著者が、来るべき世界の姿と生命の究極の未来を考察する。労働、法律、軍事、倫理から、生命と宇宙、機械の意識まで多岐にわたる問題を論じた全米ベストセラー。

by Amazon

刺激的な1冊です。

未来について様々なシナリオを考察していくのですが、これまた新しい視点がたくさんあっておもしろかったですね~。

 

人類の未来と言えば、避けて通れないのが「人工知能(AI)」です。

今でも各界の専門家がいろいろな意見を出してます。

AIは敵なの?味方なの?人類は繁栄するの?それとも絶滅するの!?

 

そこで、著者さんはバシッと言うわけですね。

 

未来がどうなるかなんて解りません\(^o^)/ ←

なので、「こうなる可能性がある」というシナリオは知っておいた方が良いってことですね。

 

人工知能だけでなく「宇宙の未来」的な話もおもしろかったですね。

宇宙空間にはだいぶ無駄にしてるエネルギーもあったりするので、それを上手く活用できないか!?って話とかもう最高でした。

 

太陽エネルギーにしても、地球からして見れば、太陽は無駄に宇宙空間にエネルギーを放出してるのです。

だったら、それ全部集められたらすげえことになるんじゃね!?( ´゚д゚`)ってことですね。

その方法とか研究とか「まじでやってんのかよすげえな」となりつつ、目からウロコでおもしろかったです。

 

まあそんな未来予想の話ですが、全般を通して著者さんの例えがわかりやすくて面白い「未来」のお話がぎっしり詰まった1冊でした。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者: