明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」

【書評】自然ってすげえな!( ´゚д゚`)ってなる1冊― 『英国貴族、領地を野生に戻す』

投稿日:

 

リアル牧場物語。

 

英国貴族、領地を野生に戻す―野生動物の復活と自然の大遷移

中世から名が残る美しい南イングランドの農地1400ヘクタールを再野生化する――

農薬と化学肥料を多投する農場経営を止め、
所有地に自然をとりもどすために、
野ブタ、鹿、野牛、野生馬を放ったら、
チョウ、野鳥、めずらしい植物まで、みるみるうちに復活。
その様子を驚きとともに農場主の妻が描いた
全英ベストセラーのノンフィクション。
日本同様、農村人口が減り続ける英国での壮大な実験の記録。

by Amazon

めっちゃくちゃ楽しそうだな!(´∀`*)ってなる1冊です。

「領地を野生化してみた!」的なノリのドキュメンタリーですね。

 

農地に草食動物を放ってみたところ、これがなんとびっくり。

絶滅危惧種の鳥や蝶までが住み着いてくるようになってきたのです!

自然ってすげえな!

 

そんな「動物によって自然が豊かになっていく記録」が書かれてるのですが、そのプロセスにただただ驚かされますね~。

野生に戻って行く過程がなんとものどかで、エキサイティングで、驚きの結末の数々が本当におもしろい!

 

自然界の仕組みに興味が湧いてくる、なんとものどかなノンフィクションです。

行政や近隣住民との問題もあるそうですが、これはなんとか維持してて欲しい試みですよね。

 

リアル牧場物語です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: