無駄に考察する

「#残業好き」なみなさまへ

投稿日:

 

書いておきます。

 

#残業好き

やあ、みんな!残業がんばってるう?*)

はい、ごめんなさい調子に乗りましたゆるしてください。

 

とまあ、「残業論」に関してはいろいろと言いたい事があるので、書いて行きますよ!

 

「残業好き」なんじゃなくて「残業させるのが好き」の間違いでは?

私もいわゆる「ブラック企業」にいたこともあるし、「ブラック企業に完全に洗脳された人」も何人も見てきましたが、だいたいこの人達の思考は同じです。

「残業好き」なんじゃなくて、「残業させたい人」なんですよね。

 

「おれだけが頑張ってる!」つってね。いつも思ってるわけですよ。

ええ。

 

それのなにがダメなの?( ´д゚`)

 

もちろん、残業を頑張ってる人を非難するつもりはさらさらないです。

好きなことを一生懸命やってるわけですから。

 

これが「好きでもない事をやらされている」って言うなら、それはすべて自分が選んだ道で自分で勝手にやってるだけなので、私の知ったことではないんですよね。

 

残業が嫌なら、やらなきゃいいし、クビになるなら転職すればいい。

もしやるなら、「これぐらい出るならやってもいいかな」と自分が納得のいく報酬を請求するべきです。

 

会社が回らないだろ!

知るか。 ←

いつ私があなたに「お金借りて会社やってください」って頼んだのよ。

 

会社が受注した仕事が間に合わないのは、仕事を取ってきた人の責任です。

そもそも、会社が潰れるのも経営者だけの責任です。

 

ただの資本に責任をなすりつけるのは間違ってますよね。

役員報酬も払ってないんでしょう?

 

安い仕事を大量にやらないと会社が回らないなら、そもそも経営のセンスがないと思われるので、さっさと会社を畳んだ方が良いですね。

大丈夫。ハロワがある限りおれたちは無敵だ。 ←

 

結婚して家庭もあるから、そーゆーわけにもいかないんだよね

知るか。パート2。

こんな時代に結婚して家庭をつくるって、どーゆーことか想像もしなかったのかと、逆に聞きたいですね。

 

世間で言う「結婚して初めて一人前だからな!」ってのは、搾取コースの第一歩ですよ。

だって、結婚したら簡単には身動きが取れなくなるわけですからね。

そんな「上の世代の言うことを疑いもせずに真に受ける真面目な人」から搾取するのが、日本の資本主義社会なのです。

 

確かに、結婚して家庭を持つと、一人前ですね。社畜として。

あとはなすがまま、家庭や会社から言われるまま、時間を浪費するだけの人生です。

 

残業させられるのがどうしても嫌なら、「もうほんとツラいから給料が下がってもいいから転職したい!」と奥さんや家族に相談しましょう。

「ダメ!頑張って!」って言われたら…

 

まあ…

 

グッバイですね。なんだそれ

私なら、パートナーの心配も出来ない相手といても幸せにはなれないと思ってるので、とっとと別れます。

 

養育費?慰謝料?えーとね。

非常に申し上げにくいのですが、お金がないから払えません!(ノ∀`)タハー

いや、溢れんばかりにお金があるなら払えばいいと思いますが、ないものを無理に稼げないですから。

 

人類が生まれて何万年も経ってますが、そんな家庭の事例は腐るほどあるんですよね。

浮気や不倫もそうですね。幾何学的な数字で事例が出てきます。

ということは、人間はそーゆー風にできてるってことなんですね。

 

それを踏まえて結婚しなかった、あなたが悪い!

お互いに「ただの勉強不足だった」ってだけです。

 

そもそも結婚するなら「そーゆーことがあってもいい!」と思える人と結婚しないと、損しかしませんよ。

 

ということで

勢いに乗って書きなぐりましたが、まあそーゆーことです。

 

とは言え私もなぜか仕事が途中で楽しくなって「止められねえ!(´∀`*)」状態に入った時は、むしろ無報酬でも残業してますよ。

これは世間から見たら「残業」ですが、私からすれば「始めたゲームが面白くなって止められなくなった」って感覚なので、周りが早く帰ろうが別に誰に対しても文句ないわけですよ。

自分で勝手にハマって遊んでるだけですから。

 

ただ、何か予定があったり気分が乗らない時に「残業」ってなったら、

  • 断って帰る
  • 納得のいく報酬をもらって残業する

の2択です。

そうしないと、ストレスになりますからね。

 

人間は自分でコントロールできないものにストレスを感じるように出来ているのです。

しかしこれはだいたいのものは無理なので、せめて自分の人生は自分でコントロールしましょう。

 

誰にでも出来るはずですから。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。