さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

【書評】進化論で解き明かす「これから」― 『社会はどう進化するのか』

投稿日:

 

これおもしろいですねえ。

 

社会はどう進化するのか―進化生物学が拓く新しい世界観

がん細胞、免疫系、ミツバチのコロニーから、「多細胞社会」としての人間まで…。進化生物学の最前線から、人間の社会・経済活動のメカニズムを解剖する、知的興奮の書!

by Amazon

助け合う社会最高!(´∀`*)って1冊です。

「進化論」って聞くとどうしても、「遺伝子の優劣」的な話になりがちですからねえ。

 

ところがどっこい(古い)、違うんですよ。

生き延びてきたのは「お互いに助け合ってきた生物」なのです!

 

まあ、確かにそうですよね。

思い当たるだけでも、ヒトはコミュニケーションを特に発達させてきたわけですから。

 

そんな「遺伝子の優劣より利他的な社会」が最も優れている理由を、様々な研究結果から解き明かしていく生物学です。

こーゆーのを読むと、社会の見方がちょっと変わりますよねえ。

 

進化論の勉強も出来たり、意外な発見があったりしておもしろかったです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。