さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】心底ゾッとしたミステリー―『出版禁止』

投稿日:

 

怖すぎる( ´゚д゚`)

 

出版禁止

社会の暗部を暴き続ける、カリスマ・ドキュメンタリー作家の「心中事件」。相手は、有名女優の妻ではなく、不倫中の女だった。そして、女だけが生き残る。本当は、誰かに殺されたのではないか?「心中」の一部始終を記録したビデオが存在する。不穏な噂があったが、女は一切の取材に応じなかった。7年が経った。ひとりのルポライターが彼女のインタビューに成功し、記事を書き上げる。月刊誌での掲載予告。タイトルは「カミュの刺客」。しかし、そのルポは封印された―。いったい、なぜ?伝説のカルト番組「放送禁止」創造者が書いた小説。

by Amazon

異常な展開に鳥肌が総立ちした1冊です。

これはヤバイですね~。

 

とある作家と愛人の心中事件があり、生き残った愛人にインタビューするルポライターの話…ってのが大筋の物語なのですが、これがまたね。

途中から話が異常な展開に転がっていくんですよ。

なんと言うか、「蟻地獄にじわじわと落ちて行く」感じと言いますか。

あかんあかん。これアカンでえ~( ´゚д゚`)ってなりながら読んでました。

 

そんなじわじわ来る恐怖感を倍増させてるのが、この独特の冷たさを感じさせるような文体ですね。

インタビューや記者の手記なんかがまた恐怖感を煽って来るんですよね~。

もう終始ずっと嫌な予感がしてました。

 

そしてまさかの展開が畳みかけて来るラストスパート!

ここで一気に鳥肌が総立ちです。

 

「好きな人のために死ねるか?」みたいな「愛」や「心中」がテーマなのですが、それが極限にまで高まってしまい、「異常をきたした」って感じですね。

これは心底ゾッとしました。

 

記者の男が見出した、究極の「愛」の形とは―!?

これほんと幽霊とかより、精神に異常をきたした人間の方がよっぽど怖いなと思い知らされますね。

 

背筋も凍るような愛をお楽しみ下さい。 ←

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

【小説】悪い女に騙されたい人におすすめのミステリー―『鬼畜の家』

  そんな人いるのか。(   Follow me!

才能は苦手なことの裏側にある

  みなさんは「岩佐又兵衛」という人物をご存じだろうか。   まあ、僕は知らなかったのだがなんやねん江戸時代に活躍していた絵師である。   画像引用:岩佐又兵衛(wiki …

【小説】コメディとホラーの間くらいのやつだわ←―『人魚の石』

  そんな感じ。   Follow me!

【小説】『ミシンの見る夢』

  ( ゚д゚)ウム   Follow me!

【小説】キャスティングが上手過ぎるサバイバルパニックホラー―『愚か者の島』

  天才ですね。   Follow me!

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。