無駄に考察する

小説にむちゃくちゃかっこいいシーンがあったからちょっと聞いて

投稿日:

 

やられた。

 

ザ・ジェントルメン

「かっこいい男」って、人によっていろんなイメージがあると思うんですよ。

「タバコや酒を嗜む姿」とか「仕事に真剣になってる姿」とか。

 

いろんな「かっこいい男」がある中でも私は断然、「ジェントルマンな男」がかっこいいんですよね~!

 

ということで今日はこの柴田哲孝さんの小説「ダンサー」から、こんなかっこいい男たちのやりとりをどうぞ。

 

二杯目のマッカランを飲み干し、阿久沢が席を立った。バーテンダーに一万円札を渡し、小さな声で言った。

「あちらの娘さんの分も」

「はい、ありがとうございます。お伝えしますか?」

バーテンダーが怪訝そうな顔で言った。

「いや、いい。美しい横顔に心を和ませてもらった。それだけだ」

 

いや、いい。美しい横顔に心を和ませてもらった。それだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、いい。美しい横顔に心を和ませてもらった。それだけだ。何回言うねん

 

「うおっかっこいいなコイツ!」って思わず独り言が漏れてしまいました。かっこ良すぎないですか。

私なら「うん伝えて伝えて!(´∀`*)」って言っちゃいますけどね。

 

こんなことよう言わんわ。一万円も払って。そーゆーとこだぞ

 

気まぐれで、こだわりがあり、女性の価値もわかっていて、無意味に近寄らない。

超絶にジェントルマンですね!

 

これは真似する。絶対にどっかで真似する。

 

酒もたばこもやめたけど。

 

二杯目のコーラを飲み干し、席を立った。バーテンダーに一万円札を渡し、小さな声で言った。

「あちらの娘さんの分mゲフッ」

「ハイキングウォーキングですか?」

 

今日もいい一日を!

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。