【小説】遠田潤子 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】むちゃくちゃゾクゾクするミステリー―『カラヴィンカ』

投稿日:2020年5月21日 更新日:

 

これもやヴぁい。

 

カラヴィンカ

歌詞のない旋律を母音のみで歌う「ヴォカリーズ」の歌手として絶大な人気を誇る実菓子。彼女の自伝のインタビューの相手として選ばれたのは、売れないギタリストの青鹿多聞だった。なぜ実菓子は、多聞を指名したのか―2人は幼い頃同じ家で育ち、さらに実菓子の夫は、多聞の亡兄だったからだ。インタビューが進むにつれ、明らかになっていく、おぞましく哀しい出来事。その真実が解き明かされた時、新たな事件が起きる。

by Amazon

えっ?最近「感情を揺さぶられる」ことがないですって?

それなら、本書がおすすめですよ!(´∀`*)ベタやな

 

ということで「冬雷」「雪の鉄樹」に続き、遠田潤子さんの作品漁り第三弾目は「カラヴィンカ」。

これまたハイクオリティなミステリー小説となっております。

 

遠田さんの作品を読むのはこれで3作目ですが、やっぱり「感情を揺さぶる」のが本当に上手いな~と。

 

まずこの「ムカつくやつら」や「サイテーなめんどくさいやつら」が次々と出てきて、主人公たち可哀そう!ってなるんですよ。

そのフリのあとに「実はね…」みたいな、次々と謎が繋がっていく、この快感。

Σ(゚Д゚;エーッ!やら( ´゚д゚`)エーやら、もう感情が追いつきません。

 

なんかもうそれ以上にね、いろいろと揺さぶられ過ぎてしんどい。

遠田潤子さんの作品は続けて読めない。メンタルがもたねえ。

 

ということで、今作も「読ませる物語だな~」と圧倒的なクオリティに脱帽でございました。

ゾッとするくらい人間の内面をえぐってきたあとの、衝撃のラスト!で鳥肌モノの1冊です。

 

最高峰のミステリーが楽しめました。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】遠田潤子, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

no image

ミステリーサスペンス! 『ウツボカズラの甘い息』【小説】

ウツボカズラ(靫葛)(ネペンネス) 真矢ミキさんがさらっとディスった未成年者と飲酒したゲスを極めたバンドのボーカルのことではなく、東南アジアに広く生息する食虫植物です。   Follow m …

【小説】家庭をナメてる人におすすめ笑―『幻世の祈り―家族狩り』

  えぐめ。←   Follow me!

君の彼方、見えない星【小説】

  これはいいラブストーリー!   Follow me!

【小説】柴田哲孝節が炸裂する怪物ミステリー!―『RYU』

  このシリーズおもしろいな~。   Follow me!

夏にぴったりの爽やかな推理小説 『本と鍵の季節』【小説】

  良いですねえ。   Follow me!

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。