さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】2週目がおもしろいミステリー―『消人屋敷の殺人』

投稿日:

 

ヒマな人向け。

 

消人屋敷の殺人

明治初頭、日影一族の棟梁の隠居所だった武家屋敷が官憲に包囲されたが、一族は忽然と姿を消した。奇怪な伝承に彩られ、断崖絶壁の岬の突端に建つこの館を人は「消人屋敷」と呼ぶ。ここに隠遁する覆面作家を訪ねた女性編集者が失踪、三ヵ月後、謎の招待状で五人の関係者が集まった。嵐で巨大な密室となり、また不可解な人間消失が起こる。読者を挑発する本格ミステリ長篇、驚愕の結末!

by Amazon

(´・ω`・)エッ?ってなる1冊です。

これまた巧妙なトリックを仕掛けたミステリー小説ですね!

 

そしてそんなトリックが巧妙に作られ過ぎてるのか、1週目を読んだだけではなんかモヤモヤします。

なんとなく「そうなんだろうな~」って感じで理解するしかないかな~。

ミステリーを読み慣れてる人なら、1週目で「そーゆーことね!」ってなるかも知れませんが。

 

しかし、ミステリー初心者でも2週目を読むと「なるほどね!」ってなります。

 

まあ、問題は2週目を読む気になるかどうかなんだけども。 ←

 

  • 怪しい屋敷に人が集められる
  • 脱出できなくなる
  • 殺人事件が起こる

という、王道のミステリー!って感じですね。

 

わりかし上級者向けの作品です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: