さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】不気味なサバイバルパニックホラー!―『件~もの言う牛~』

投稿日:

 

これはやべえ。

 

件 もの言う牛

件は牛から生まれ、予言をしてたちどころに死ぬという。卒論取材で全国の一言主神社を調査する美波大輔は、件の誕生を目撃し、命の危険に曝される。件の予言は的中。首相が急死する。次期首相人事も左右するという宗教団体・みさき教に囚われた大輔は予言獣・件の恐るべき正体に気づく。書下ろし伝奇ホラー。

by Amazon

ホラーと言えばジャパニーズ!(´∀`*)

ということで今回、手に取ってみた作品は「件~もの言う牛」です。

いや~、これまた日本ホラー特有の「精神的にくる」怖さ全開でヤバイですね!

 

そんな怖さもありながらも、謎あり、命がけのスリルあり、大どんでん返しありと、なかなか濃ゆい1冊でございましたよ!

さくっと見どころをレビューします!

 

件とは?

まずこれを知らないと話にならない。←

  • (くだん)は、19世紀前半ごろから日本各地で知られる妖怪
  • 「件」(=人+牛)の文字通り、半人半牛の姿をした妖怪として知られている
  • 牛から生まれ、人間の言葉を話す
  • 必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ

引用:wikipedia

などなど、諸説ありますが実際に言い伝えられている妖怪なわけですね。

大丈夫。おれも知らなかったから(ノ∀`)タハー

 

ということで、この妖怪「件」が話の中心になってくるのでもちろん、内容は日本伝奇ホラーです。

 

が!

 

これだけではないんですね~!

 

冒険小説

なんとこれ、冒険小説です。

 

物語の発端は、伝説の妖怪「件」の目撃から始まり、人々が「件」に食い殺されるという事件にまで発展するのですが、なんとこの伝説の妖怪「件」事件。

うしろには、なんとも巨大な組織の陰謀が隠されているんですね~!

 

なにやら怪しげな宗教団体、なにかを隠している畜産農家、「件」を取り巻く不気味な権力の影…

これらを暴くべく、とある大学生が立ち上がるのです!

 

ということで、どちらかと言うと冒険小説要素が強めですが、これがまたね。

展開もおもしろくて手に汗握るスリルがあるんですよね~!

 

明かされていく、謎

やっぱり、第二の見どころはこれ。

「件」事件の全貌ですよね。

 

実際、物語の中にいろんなミステリー要素はあちこちに散りばめられてはいるのですが、なんせ冒険小説要素が強めの作品。

このミステリー部分はかなりナメてました(ノ∀`)マイッチャウナ!

 

しかしながら、このミステリーにもこれまたあっと驚く展開が用意されてるから始末に負えない!

おもしろかったですね~!

 

例の「件」事件についてもそうですが、他にも

  • 牛が食べていた「赤くてぶよぶよしたもの」の正体とは?
  • 大悪天皇と言われるほど暴虐だった雄略天皇が改心した「ある一言」とは?
  • みさき教の言う「儀式」の正体とは?

この辺がおすすめの見どころですね。

 

そして衝撃のラスト!

ネタバレはしませんが、この後半ラストの疾走感。

つい笑ってしまいました。

あんまないですよね。サバイバルパニックホラーで笑うこと。

 

最初は不気味なホラーだったはずが、なにやら話が大きいことになってきて、最後はこの展開ですよ。

これはちょっと、読んだ人と話してみたい。一体どんな感情になったのか。笑

 

作者さんも笑わせる気があるのかないのかよくわかりませんが、本当に「衝撃のラスト!」って感じでしたね~!

こーゆー読者の裏切り方は結構好きです(´∀`*)

 

まとめ

子どもから大人まで楽しめる1冊です。

スリルもあるし、これと言って難しい話もないし、若干中二だし()、ほんと、そんな感じの作品ですね。

 

ついつい一気読みしてしまいました。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。