さくっと「ビジネス書」

【書評】『ナショナリズムの美徳』

投稿日:

 

はい。

 

ナショナリズムの美徳

自由と民主主義を守るのは国民国家であるとして、誤解されがちなナショナリズムの価値観を問い直していく。

その一方で、リベラリズムのパラダイムは、専制や帝国主義と同じだと警鐘を鳴らす。
ナショナリズムと国民国家400年の歴史を再評価する括目に値する1冊。

by Amazon

ということでした。←

まあ、政治の話なんて基本、議論好きな人向けですから。

 

結構わかりづらいので、難しい本が読みたい上級者におすすめですね。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

「戦略」とは、まさに「準備をする」ことです 『すごい準備』【書評】

  「準備」の極意とは―   Follow me!

【書評】「ああ!あのサービスってそうだったんだ!Σ(゚Д゚)」ってなる1冊― 『テンセント』

  すげえな。   Follow me!

歴史を通じて疑う力を身に付ける by 『幻想の古代史』【書評】

  これは鋭いw   Follow me!

【書評】この発想はなかった… 『最強の縄文型ビジネス』

  「確かに」ってなった。   Follow me!

no image

あやしい投資話に乗ってみた【書評】

体張ってますね~。   確かに気にはなります。   あやしい投資話に乗ってみた 「将来、儲かりますよ」的な あやしい投資話に身銭を切って乗るという なんともクレイジーな実施本です。 …

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。