【小説】天童荒太 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】むちゃくちゃサイコパス!―『孤独の歌声』

投稿日:

 

えぐい。

 

孤独の歌声

凄惨な殺人事件が続発する。独り暮らしの女性たちが監禁され、全身を刺されたかた ちで発見されたのだ。
被害者の一人が通っていたコンビニエンス・ストアの強盗事件を担当した女性刑事 は、現場に居合わせた不審な男を追うが、突然、彼女の友人が行方不明に。
孤独を抱える男と女のせつない愛、噴き上がる暴力――。

by Amazon

とんでもないサイコパスが見てみたい人にはおすすめです。

もはや、ストーリーなんてどうでもいいレベル。←

 

まあ、どちらにしろちょっと引きが弱いので、そこまで物語にのめり込むようなことはないかなと。

これで引きが面白かったら、大満足だったのですが…(´・ω・`)

 

しかし、なかなかのサイコホラーっぷりで、ここの衝撃は凄かったです。

それだけで読む価値あると思っちゃうから、さらに凄いんですよね。笑

 

犯人のサイコっぷりにゾッとしたい方は、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】天童荒太, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。