【小説】天童荒太 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】『悼む人』

投稿日:

 

はい。

 

悼む人

不慮の死を遂げた人々を“悼む”ため、全国を放浪する坂築静人。静人の行為に疑問を抱き、彼の身辺を調べ始める雑誌記者・蒔野。末期がんに冒された静人の母・巡子。そして、自らが手にかけた夫の亡霊に取りつかれた女・倖世。静人と彼を巡る人々が織りなす生と死、愛と僧しみ、罪と許しのドラマ。

by Amazon

もっと早めに展開をくれ!( ´゚д゚`)ってなった物語です。

 

直木賞も獲ったし映画化なんかもされてる作品なのでそれなりに面白いんだとは思いますが…

いかんせん、私は展開の刺激に飢えてるため、物足りませんでした\(^o^)/

 

しかし、単純に幽霊や宗教や儀式的な話が好きな人なら、この作品のおもしろさが解るのかもしれない。

それだけで話を引っ張るには、少々展開の引きが弱いので…(´・ω・`)

 

物語や登場人物の設定なんかは上手く考えられてるので、あとは本当に「オカルト好き」な人向けって感じですね。

最後は感動するそうですよ。私は最後まで読んでませんけども。←

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】天童荒太, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。