【小説】村山由佳 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】女性の浮気に寛大になれる恋愛小説―『ダブル・ファンタジー』

投稿日:

 

良いっすねえ。

 

ダブル・ファンタジー

三十五歳の脚本家、奈津は、才能に恵まれながら、田舎で同居する夫の抑圧に苦しんでいた。

ある日、夫の創作への関与に耐えられなくなった奈津は、長く敬愛していた演出家・志澤の意見に従い、家を飛び出す決意をする。

束縛から解き放たれた女性が、初めてめぐり合う生と性、その彷徨の行方を正面から描く衝撃的な官能の物語。

by Amazon

女性の浮気が許せないのは、その心境が理解できないからです。

ということは、その心境が理解できれば寛大になれるわけですね!(´∀`*)えっちなやつらだ!

 

まあ、あまり寛大になりすぎるのもどうかとは思いますが()、それはさておき、とてもおもしろい恋愛小説でございました。

なにがおもしろいって、女性の複雑な心理描写。

痛いほどに伝わって来ます。

 

今まで、女性が主人公の恋愛物語ってあまり感情移入できなかったんですよね~。

なのでもちろん、共感できるものも面白い部分もなかったのですが、それが「スッ」と入って来た、稀有な作品ございます。

 

私はこの作品の続編「ミルク・アンド・ハニー」を先に読んだのですが、それでも楽しめましたね。

「奈津・エピソードゼロ」みたいな。(?

 

両作とも、複雑に揺れ動く女性心理がおもしろい作品となっております。

 

勉強になりました。←

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】村山由佳, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。