【小説】花村萬月 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】なんともワルな松永久秀が楽しめる1冊―『弾正星』

投稿日:

 

戦国モノ。

 

弾正星

時は戦国、下剋上の世。京都・相国寺近くある三好家の屋敷に、その男松永久秀はいた。得体の知れぬ出自でありながら、茶の湯に通じ、右筆として仕える野心家である。

気に食わぬ者は容赦なく首を刎ね、殺害した女を姦通し、権謀術数を駆使して戦国大名へと成り上がっていく。さらには将軍足利義輝を斃し、東大寺大仏殿を焼き討ちにしてしまう。信長ですら畏れた稀代の怪人・松永弾正を突き動かすものは、野望かそれとも……!?
戦国時代を彗星のように駆け抜けた武将の生きざま・死にざまを、「弟」として仕えた丹野蘭十郎の眼を通して活写する。

by Amazon


さすが、花村萬月さんや!ってなる1冊です。

花村さんの描く戦国モノは初めて読みましたが、この独特で圧倒的で暴力的な世界観。

ついつい読んでしまいますね~!

 

戦国武将、松永久秀の物語で、結構な「ワル」に描かれておりますが、ただ「ワル」なだけじゃないのが憎いところ。

しっかり情にも厚いところを見せて来るんですよね。

これがたまらない!

 

普通に、文学作品としておもしろいですが、「ちょっと違った視点」として楽しめるのもポイント高いですね。

信長がこのワルさだったら「まあそうですよね」ってなりますし。笑

 

単純に、カッコイイです。

中二病患者にもおすすめです←

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】花村萬月, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。