【小説】村山由佳 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】うんまあそりゃあ不倫もするよねってなる物語―『ラヴィアンローズ』

投稿日:

 

良いですね~!

 

ラヴィアンローズ

咲季子は、フラワーアレンジメント教室を開くカリスマ主婦だ。俺はお前さえいればいいんだよ──夫・道彦はそう言いながら、門限9時、男性との打合せを避けるといった厳格なルールで私を縛る。

そんな歪んだ愛を振りかざす夫に疑問を持ちながらも愛していた。ある日、年下のデザイナー堂本と出逢うまでは……。自由を求めて、新たな一歩を踏み出す女性の光と闇を描く衝撃の長編サスペンス!

by Amazon

特にこれは、大人の男性におすすめしたい作品ですね。

酸いも甘いも経験してきたら、これはかなり面白いです。

 

ということで、村山由佳さんお得意の(知らんけど)女性不倫恋愛モノです。

今作も、さすがの仕上がりですね~!

「ダブル・ファンタジー」や「ミルク・アンド・ハニー」と同じく、不倫恋愛に揺れ動く女性心理が繊細に描写されております。

 

本当にこの乙女心は、普通に生きてる男性にはわからない視点なので、いちいち発見があっておもしろいんですよね~!

「うん。そりゃ不倫に走るわ」ってなりました。←

 

「長篇」とありますが、物語自体もそんなに長い印象はなく、意外にさくさく楽しめます。

 

お宅の奥さん、大丈夫ですか?

自分の気持ちばかりを押しつけてばかりで女性の気持ちも尊重してあげないと、文春騒動ですよ!(?

 

ということで()、しっかり恋愛モノで、しっかりサスペンスで、しっかりベッドシーンな良作です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】村山由佳, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

「こころ」に正直になるということ

  小説は「考えさせられる」ことが多いから好きだ。   特に、明治時代あたりの「文豪」と呼ばれる方々の作品はどれも風変りと言うか、「現在」に比べてだけどかなり毛並みが違う。 「こう …

【小説】小島秀夫監督が愛した作品を読んでみよう―『呪われた町』

  「小島秀夫 創作する遺伝子」より。   Follow me!

【小説】読み出したら止まらなくなった青春物語―『革命前夜』

  震えた。   Follow me!

【小説】なんだこれ普通の物語d…じゃない!Σ(゚Д゚;―『展望塔のラプンツェル』

  これはやられた。   Follow me!

【小説】めっちゃ振り回される1冊―『依存』

  疾走感!   Follow me!

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。