【小説】花村萬月 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】『ジャンゴ』

投稿日:

 

はい。

 

ジャンゴ

哀しく、それでいて熱い旋律。沢村がつま弾く音に、麗子が目を付けた。麗子は沢村が世話になっているヤクザ者・山城の溺愛する妹だった。麗子は美女の自殺志願者だった。そして、麗子は悪魔だった―。

沢村はたった一度の麗子との快楽の代償として、ギタリストの命である指を失った。そればかりか巨大な野獣にいたぶられ、人間としての尊厳をも失った。すべては麗子の罠だった。沢村を指の動かない天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトにするための…。

男女の、兄妹の、粘り付くような濃い愛憎を、物語を通して描き切った花村文学の真骨頂。

by Amazon

ということです。←

ハマる人はハマるんじゃないかな~って感じですね。

 

設定は相変わらずぶっ飛んでておもしろいのですが、少々ストーリー性に魅力が欠けているかなと。

これで展開にもっと刺激があったら最高だったな~!(ノ∀`)

でもこればっかりはね。好みですから。

 

まあ、そこまで長篇でもないし低価格で出回ってるので、挑戦してみてもいいかもしれないですね。

独特の表現力は充分に発揮されてるので、意外に斜め読みでも楽しめましたし。

 

相変わらず内容がえぐいので、多分、花村ファンしか読まないだろうけど。笑

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】花村萬月, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。