【小説】花村萬月 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】衝撃のラストに思わず二度見した1冊―『いまのはなんだ?地獄かな』

投稿日:

 

正確には、「二度読み」な。(めんどくさい

 

いまのはなんだ?地獄かな

家庭には無縁と思い込んでいた小説家の愛葉條司の考えは、娘・愛の誕生で一変する。妻の志帆と共に成長を愛しく見守る日々の中、己を必要とする存在があることを知ったのだ。

だが、愛が間もなく三歳になるころ、異変は突如降りかかる。その引き金は志帆の抱える深い闇だった…。親と子、妻と夫、男と女。流れていく生の中で逃れえぬ関係を鮮烈に描く衝撃の長編。

by Amazon


いや~、凄いですね。

まさかのラストにしばらく唖然としてしまいましたよ。

 

雰囲気は暗め、独特の「ザ・文学!」的な文体は健在。

世界観にどっぷり浸からせてくれます。

 

ただ、衝撃的なラストに行くまでに退屈するかも。

スパイスと捉えるか前フリと捉えるかで変わって来ますが、娘との思い出描写が長め。

「いや、もういいわ( ´゚д゚`)」ってなるくらい。

 

まあ、そこらへんは斜め読みでも全然問題ないですけどね。

 

長編とありますが、そこまで長さを感じないのも良いですね。

隙間時間にちょいちょい読んでも楽しめると思われます。

 

いやしかし、この作家さん特有のダークさはクセになりますね。笑

おもしろかったです。おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】花村萬月, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。