【小説】花村萬月 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】ちょっと特殊で変態な青春物語―『触角記』

投稿日:

 

グハッΣ(´Д`(○=(´∀\*)モォエッチー!!

 

触角記

次郎、17歳。吉祥寺で週二回、ギターを習うだけが日課の毎日。ロック世代の母親と画家志望だった父は、学校に行かなくても煩くは言わない。退屈、恵まれ過ぎているという退屈―。

そんな時、音楽講師に誘われて知った「性」が世界を変えた。昨日とは丸っきり違ってる今日。愛しき少年の時間を描く青春長篇。

by Amazon

サクサク~っと楽しむやつです。

長編とありますが、数時間もあれば読めると思われます。

 

まあ、特筆するならば、その類まれなる「変態っぷり」でしょうね。←

ドン引き必至です。

とある少年の成長…と言えば成長の物語なんだけどね。

 

最近は花村萬月さんの作品を読みまくってるからか、もはや「またやりましたね!萬月さん!」って感じですね。(

 

行き過ぎた欲望の、切ないブルースです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】花村萬月, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。