【小説】辻村深月 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】これは面白い!とんでもないミステリーが隠されている1冊―『凍りのくじら』

投稿日:

 

スゴイ。

 

凍りのくじら

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。

by Amazon


ということで、またしても出会ってしまいました。推し作品です。

これは面白いですね~!

 

「私は過去に、その光を浴びたことがあるんです」という前フリから、過去をさかのぼって回想していくのですが、これがまたね。

とんでもないミステリーに出くわすことになるのです。

これはヤラレタ。まったく予想の斜め上を行く展開でございました!

 

物語の雰囲気は、「青春もの」な感じです。

 

余命わずかな母親が病気で入院してたり、なぜか助けてくれるおじさんがいたり、友達との出来事だったりと色々あるわけですが、中でも「元カレ」がね。

なかなかパンチが効いてるんですよ。←

イタい。ただただイタい。絵に描いたようなダメンズっぷり。

 

もう、終盤辺りまで、これだけで楽しめるレベル。性格悪いな

「こうならないようにしよう」という反面教師として勉強になります。(

 

しかし、これは物語として良く出来てますね。

読み応えのある、ちょいファンタジーで素敵なお話でした。

 

最後の展開は鳥肌ものです。色んな意味で。←

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】辻村深月, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。