さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】嗅覚の特殊能力ミステリー―『オルファクトグラム』

投稿日:

 

みんな大好き特殊能力系(偏見

 

オルファクトグラム

姉を殺害した犯人に、事件現場で襲撃された片桐稔は、その後遺症から通常の“匂い”を失い、イヌ並みの嗅覚をもつことに……。まったく違う世界に戸惑いながらも、失踪したバンド仲間を、嗅覚を頼りに捜し求めてゆく。新たな能力を駆使することで、姉の仇を討てるのか?新感覚の大長編異次元ミステリー。

―あらすじより

一言で言えば「わかりやすくて刺激が少ない作品」なので、わりかし、若者向けかなと。

あらゆる物語に触れてきた経験値も豊富なおじさま方には、少々物足らないと思われ。(

 

理由としては、特殊能力にやたらとスポットライトが当たってるところですね。

その辺に興味がないと、最後まで楽しむのは無理。「もうええわ( ´゚д゚`)」ってなります。

なので、事件とかミステリーとか、その辺のトリックやストーリー展開をもっと深く楽しみたい!って人には、おすすめできないです。

 

医学とか人体の仕組みとかの話も多少は面白いですが、やっぱり刺激は弱め。

「異次元ミステリー」の一言に期待をしすぎたのかも知れない。

 

それでも、おもしろい展開はあるので、本当に「ミステリーものの入門編」としての立ち位置って感じですね。

中学二年生の頃に出会いたかった作品。←

 

特殊能力にスポットが当たったミステリーです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。