さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】戦国マニア向けミステリー―『黒牢城』

投稿日:

 

良い!

 

黒牢城

信長を裏切った荒木村重と囚われの黒田官兵衛。二人の推理が歴史を動かす。
本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。

-あらすじより

ミステリー要素や時代背景やストーリー自体はむちゃくちゃおもしろいですが、時代小説になじみがないと楽しむのは難しいです。

専門用語やら口調やらが、だいぶ特殊なので。←

 

「これを機にハマってみたい!」って人ももちろんアリだと思いますが、

  • わけのわからない専門用語や人物が出て来るたびにググる
  • その間に読書熱が冷める

なんてこともありそうですね。

私が昔そうだったので。(

 

ただ、本当に中身は最高です。

時代小説のおもしろいところは、「時代背景に沿った空想」にあるので、作家さんそれぞれの歴史世界観が楽しめるところなんですよね。

「この発想はなかったな~」と感服するのが楽しいんですよ。

うん。マニア向け!笑

 

まあ、文体が力強くて気持ちいいので、ただサラサラ読むだけでもおもしろいかもしれない。

だいぶ贅沢な使い方ですけども。

 

戦国マニア向けの壮絶な物語です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。