さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】いじめ描写が好きな人向けミステリー―『絶望ノート』

投稿日:

 

さくっと。

 

絶望ノート

中学2年の照音は、いじめられる苦しみを「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねた。彼はある日、頭部大の石を見つけ、それを「神」とし、自らの血を捧げ、いじめグループの中心人物・是永の死を祈る。結果、是永は死んだ。しかし、収まらないいじめに対し、次々と神に級友の殺人を依頼する。生徒の死について、警察は取り調べを始めるが……。

-あらすじより

さくさくっと楽しむ作品ですね。

じっくりハマれる要素は、そこまでなかったです。

 

ただ、トリックが凄い。

「衝撃の結末が襲うミステリー」とありましたが、ガチでした。

 

いかんせん、いじめの描写がダラダラと続いているイメージなので、ダラダラと読んじゃうんですよね。

途中途中でも、なにか引きつけられるものがあれば最高だったんですけども。

 

なので、中学生のいじめ描写や、単純にあっと驚くラストを楽しみたい人にはおすすめですね。

 

純度100%のミステリーです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。