【小説】原田マハ さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】アートが息を吹き返す1冊―『暗幕のゲルニカ』

投稿日:

 

良作!

 

暗幕のゲルニカ

ニューヨーク、国連本部。イラク攻撃を宣言する米国務長官の背後から、「ゲルニカ」のタペストリーが消えた。MoMAのキュレータ ー八神瑤子はピカソの名画を巡る陰謀に巻き込まれていく。故国スペイン内戦下に創造した衝撃作に、世紀の画家は何を託したか。ピカソの恋人で写真家のドラ・マールが生きた過去と、瑤子が生きる現代との交錯の中で辿り着く一つの真実。

-あらすじより

私はこれまで、絵画の良さが正直わからなかった。

好みもあるかも知れないが、単純に、わかりやすい魅力がなかったからだ。

 

「上手いねー」とか、「色鮮やかだねー」とか、本当にずぶのド素人の感想しか出て来ず、これまでもっぱら饒舌にしてくれるのはアールヌーボーに代表されるガラス工芸だけ。

いろいろと展示会は見て周っているのだが、立ち止まるのは絵画よりもそういった「形のある造形品」ばかりだった。

 

実際に長野県にある北澤美術館に行った記事もあるので、ぜひ見て欲しい。

彼らアールヌーボーのアーティストたちが創りあげるガラス細工の数々はどれも繊細で、本当に息を飲むほどに美しいのだ。

とにかく作品の1つ1つが本当にファンタジックで、絵本やアニメに出て来る魔法使いが放った魔法みたいな、とにかく視覚的にとても心地よい驚きと感動をもたらしてくれる。

ここまでインパクトがあったのは、芸術家たちの苦労と技術と想像力が生み出した芸術の価値が、スッとわかりやすく入ってきたからだろう。

しかし、絵画は違う。

 

単純に、絵画は立体感に欠けてしまうため、どうしても感動が鈍くなってしまうのだ。

 

芸術は、飾りではない。敵に立ち向かうための武器なのだ。

―パブロ・ピカソ

この物語は、よくありそうな、言わばありきたりなこの文句で始まる。

だが、この物語は本当にこの一言に集約されている、文字通り「戦いの物語」だった。

 

この小説は、近代美術館で「ピカソの戦争」という展示会を企画する日本人女性「八神瑤子」と、ピカソの愛人で写真家の「ドラ・マール」、この2人の視点で進んで行く。

テーマとなるのはタイトルにある通り、ピカソの代表作である「ゲルニカ」だ。

 

この作品は表紙にあるものそのままなのでご覧頂きたいが、とてもじゃないが正直よく理解できない。

色彩もモノクロームで、なにやら不気味で人外な雰囲気を匂わせる。これはホラー画かなにかか?と思う人が大半だろう。

もちろんこれはホラー画ではなく、当時ナチス軍に空爆されて火の海になったスペインの都市「ゲルニカ」を描いたもの。

「戦争をやめろ」という、なんとも一直線なピカソのメッセージなのだ。

そしてこの作品が、当時も今も、世界中で物議を醸し出すことになる。というのが、この「暗幕のゲルニカ」という物語だ。

 

ここから、八神たちとドラたち、それぞれの戦いが繰り広げられるわけだが、これがまたついつい貪り読んでしまう。

とにかく原田マハさんの描く物語は、なんとも臨場感に溢れているので、まるで映画を観ているような錯覚を覚える。

映画どころか、ピカソが憤怒して新聞を破るシーンなんか、まるでその場にいるようだった。

 

私たちは権力に屈しない。命を懸けてでも、絶対にこのメッセージを世界に発信する。

ストーリー全体を通して2人は戦い続けるのだが、両者の戦いが本当に熱を帯びていて、予期せぬ展開にハラハラしながらも、最後まで一気に駆け抜けられる爽快感も持っている。

 

私はもう、「絵画は自分に合わないんだろうな」と半分あきらめていたが、この作品を読んでから「ゲルニカ」だけは特別な感情がわいてきた。

ピカソの生きた時代、ナチス軍に蹂躙される故郷に強く影響されて発信されたその「反戦」のメッセージとピカソの戦いが、モノクロームだったものに色を与え、平面だった絵に立体感をくれたからだ。

 

きっと、どの絵画にも現れる現象であり、それこそ絵画の魅力なんだろう。

ただの平面に描かれた絵が動き出すのは、その裏にあるメッセージを体感できた時なのだ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】原田マハ, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。