【小説】原田マハ さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】ジワッとゾッとする美術界の人間ドラマ―『異邦人』

投稿日:

 

読みふけってしまった!

 

異邦人

「美しさ」は、これほどまでに人を狂わすのか。
たかむら画廊の青年専務・篁(たかむら)一輝と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長逗留していた。妊婦としての生活に鬱々(うつうつ)とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗画廊で、一枚の絵に心を奪われる。強い磁力を放つその絵の作者は、まだ無名の若き女性画家だったのだが……。

-あらすじより


欲望が交錯する人間ドラマです。

いや~、なかなかの醜さっすねえ!(´∀`*)←

 

これまた、原田マハさんのストーリーテラーっぷりが炸裂する良作となっております。

展開も刺激があっておもしろい!

 

アートとビジネスに興味のある人なら100%楽しめる物語。

今作もアート界にどっぷり浸かった、ハイクオリティな人間ドラマ!って感じですね。

 

原田マハさんの作品はいろいろと漁ってますが、やっぱり美術界を舞台にした人間ドラマを描かせたら最高でございます。

中でも今作「異邦人」で特筆すべきところは、ラストの展開。

最後は「意味がわかると怖い話」よろしく、「ん?」ってなったあとに「あっ!( ゚д゚)」となって、ゾッとします。

これを仕込んでいたか!とヤラレタ気分になりました。

 

サスペンス色が強めで、刺激のある物語でした!

おもしろかったです。おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】原田マハ, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

【小説】普通のミステリー小説に飽きた人へ―『闇に香る嘘』

  やられた。   Follow me!

【小説】なんてエレガントな物語なんだ…(;゚д゚)―『茶聖』

  風流ですなあ。遠い目   Follow me!

【小説】家康は影武者だった…!?スリルがあっておもしろい1冊―『家康、死す』

  壮大。   Follow me!

【小説】3段階で騙されるミステリー―『あの日に消えたエヴァ』

  すごいこれ。   Follow me!

才能は苦手なことの裏側にある

  みなさんは「岩佐又兵衛」という人物をご存じだろうか。   まあ、僕は知らなかったのだがなんやねん江戸時代に活躍していた絵師である。   画像引用:岩佐又兵衛(wiki …

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。