さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】コメディチックなピカレスク!―『カオス』

投稿日:

 

梁石日さんの小説がおもしろいと聞いて。

 

カオス

台湾人からもちかけられた漢方薬の売買によって、歌舞伎町の抗争に巻き込まれたテツとガク。見返りに中華料理店の名門『龍門』を手に入れるが、麻薬を狙う蛇頭の執拗な追跡が始まった…。研ぎ澄まされた勘と才覚と腕っ節を頼りに、のし上がろうとする無法者達は、金と命を守ることができるのか?

-あらすじより

歌舞伎町を舞台にした暴力と裏切りと欲望が交錯する悪党ものです。

馳星周さんノワールとか、その辺の作品が好きな人は楽しめる作品ですね。

 

ただ、他とちょっと違うのは、どこかコメディチック。

特に、ニューハーフである「タマゴ」の存在。

コイツが、なかなかの電波ちゃんで。←

真面目なのか笑わそうとしてるのかよくわからない微妙なラインが、物語のいい隠し味になってますね。笑

 

なので、ただただ「ダーク!」とか「バイオレンス!」ってだけじゃないってところが見どころ。

絶妙な緊張感と緩和を楽しめる作品となっております。

 

ストーリーの中身は、タイトル通りむっちゃくちゃなことが起こりまくる、まさに「カオス」な1冊です。

スピード感もあっておもしろい作品でございました。

 

ヤンソギル氏、おもしろいですね~!

他の作品も漁ってみようと思いますよ!

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。