【小説】真梨幸子 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】都市伝説な恐怖がジワジワくるミステリー―『祝言島』

投稿日:

 

ヤバイ。(語彙力

 

祝言島

2006年、新宿と赤坂で起きた「十二月一日連続殺人事件」。死亡した演劇界のカリスマ・一ノ瀬マサカズ、元ポルノ女優の七鬼百合、女優の国崎珠里の共通の知人・七鬼紅玉は、警察の取り調べ中に姿を消し、以来事件は未解決のままだ。じつは、彼らに共通するものがもう一つあった。それが「祝言島」である。
2017年、九重皐月は大学の授業で「祝言島」のドキュメンタリー映画に出会う。実在とも都市伝説とも言われる祝言島の様子を収めたフィルムには、陰惨な殺人シーンも収録され、スナッフ映画として上映されたらしい。母のすすめで映像制作会社でアルバイトを始めた皐月は、「祝言島」に関わる人々の再現ドラマを手にすることに。どこまでが真実で、どこからが虚構なのか。忌まわしく不穏な日々がそこには収められていた。
「祝言島」開拓に端を発する、女たち3代にわたる数奇な事件。「十二月一日連続殺人事件」の犯人と、その驚くべき動機とは。さらに、殺された人々の本当の共通項とは……。

-あらすじより


思いっきりのめり込んでしまったミステリーです。

これはすごいクオリティですよ。

 

とある殺人事件を追うのに、関わっていた人物の再現VTRを見ながら物語が進んで行くのですが、これがまた実際のVTRを見ているようで、うすら寒い恐怖感があるんですよね。

この描写力とアイデアが素晴らしすぎて、一気に持って行かれます。

 

そしてまた、ストーリーの完成度もエグイ!

散りばめられた伏線とその回収も、感動するくらいのクオリティです。

 

ただ、余韻もなにもなく、ただ目的だけを成し遂げるというヒットマンみたいな作品なので、人間的な感動ストーリーを読みたい人にはおすすめしません。

それでも、この「目的だけを遂行する」という冷たい意志のあるエンターテイメントは一見の価値ありですね。

 

おもしろかったです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】真梨幸子, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。