さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】どこか懐かしい感覚になるホラーミステリー―『不村家奇譚』

投稿日:

 

良い!

 

不村家奇譚―ある憑きもの一族の年代記―

一族に受け継がれる怪異の血脈。それは、忌むべき業か、或いは神が与えし恩寵か。血と畏れが織りなす、類稀なる因果律を見よ。
自らを水憑きと称する不村家。その繁栄の影には「一族に仇なすものを赦さない」とされる怪異・あわこさまが蠢いていた。異形の奉公人たち、狗神遣いの少女、生首で生き存える双子の姉妹――。昭和、平成、そして現代を貫く一族の悲劇は、やがて思いもよらぬ結末を迎え……。

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

最近はホラーものも好きで結構読み漁るのですが、この雰囲気は初めてですね。

どこか懐かしいと感じるような作品です。

私が小さい頃に、どこかでこんな作風の物語に触れたのかもしれない。

 

  • 特異な血が流れる一族が人間社会に溶け込めない
  • そんな一族内でもなんやかんやある哀しい物語

…的な話なのですが、これまたやっぱり切ないんですよね~!

避けられない「一族による業」みたいなのは、どうしようもないですから。

 

作風はわりとグロめなホラーファンタジーなので、その辺が好きな人向けです。

「ジョジョの奇妙な冒険」とか好きな人なんかはわりと楽しめるかもしれない。笑

 

読了後はなんとも言えない切なさに包まれる1冊です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。