【小説】大石圭 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】サイコパスの思考に侵食される1冊―『死者の体温』

投稿日:

 

だいぶヤバイ。

 

死者の体温

安田祐二は30歳。砲丸投げの元日本代表選手で、今は不動産管理会社の経営企画室に勤めるエリート会社員。ハンサムで温厚。にこやかで職場や近所での評判もよく、湘南の洒落た高級マンションに1人で暮らし、クラシック音楽とスコッチウィスキーを愛し、野良犬を可愛がり、野鳥に餌をやり、そして……次々に人を絞め殺し、下田の別荘の庭に埋めているのだった……。トラウマも動機も悪意もない史上最悪の連続大量殺人!!

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

相変わらず凄い文章力です。

なんの嫌味もなく「スッ」と入って来る透明感は相変わらずですね。

 

それに加え、今作は「なぜ私は殺人を犯すのか?」という部分に非常にこだわった作品です。

ここがまた、妙な説得力さえ感じさせてしまうから凄いんですよね~。

 

もう1つの見どころは、連続殺人鬼の頭の中をたんたんとした描写してるところ。

心境や感情が生々しくリアルなので、犯人の感情に引き込まれてしまうのです。

 

このたんたんとしてるところがなかなかゾッとするので、ホラーサスペンス好きな方には胸を張っておススメ出来ますね。

 

この犯人に共感できてこの世界観に浸れるあなたはサイコパスです。←

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】大石圭, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。