【小説】新堂冬樹 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】さくっと楽しめるのに濃ゆい1冊―『傷だらけの果実』

投稿日:

 

さすがです。

 

傷だらけの果実

わたし、誰よりも綺麗になりたい――菊池緑、18歳。大学1年生。クラスで「ボロ雑巾」と呼ばれている少女。彼女の全身改造計画が、今、始まった。青春&狂気の極上エンターテインメント!

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

相変わらず、ストーリー作りが絶妙です。

「物語の目的が明確でわかりやすい」ってのはやはりアドバンテージですね。

 

話のメインは「女優とプロデューサーによるそれぞれの復讐劇」なのですが、これがまた展開が上手い!

嫉妬や挫折、未知への挑戦や憎悪などを駆使して読者を煽りまくりでございました。

 

文体もドストレートな言葉ばかりが選ばれてるので、直に響いてくるのが良いですね。

それが純粋に感情を揺さぶってくるので大忙しです。←

最後も確かに、「奇蹟のラスト」でした。笑

 

相変わらず新堂冬樹さんは絶妙な人間関係の隙間を描くのが本当に上手い作家さんだなと感服しますね。

 

一気読み推薦の良作です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】新堂冬樹, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。