さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】「これこれ!」ってなるハードボイルド―『冬の炎』

投稿日:

 

シブイ。

 

冬の炎

軍を除隊し求職中のバンに、祖父の友人だったウィラードが、恋人とともに山中の山小屋に出かけたきり戻らない姪のエラナを捜してほしいと依頼してくる。気楽に引き受けて雪山へと赴いたバンだったが、そこには若い男女の無残な死体が転がっていた。恋人の男性がエラナを射殺して自殺したように見えたが…疑問を感じて真相を探りはじめたバンは、やがて意外な事実に行き当たった!

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

なんかひさしぶりに面白いハードボイルドに出会ったな~、って感じですね。

 

ハードボイルドのおもしろいところは、ストーリーが「語り口調」で語られるところなんですよね。

しがれたバーで、バーテンと話してるみたいな。笑

「こんな事件だった!」ってのを「俺は…」という視点で語られるのがこれまためっちゃカッコイイんですよ。

 

事件もこれまたスリリングで、続きが気になる展開をしてくるもんだからもう一気読みですよね。(

 

思わずのめり込んでしまう1冊です。

シブイ男が語る、命がけのサスペンスミステリーにハラハラしちゃって下さい。

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。