さくっと「ビジネス書」

安易に「どこの出身?」と聞いてはいけない―『世界の民族超入門』

投稿日:

 

ガイドブック。

 

世界の民族超入門

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

日本人は初対面の人とも「どこの出身?」という会話から盛り上がったりしますが、海外でこれをやってはいけません。

なぜなら、それぞれの民族の歴史に暗い過去があったりするからです。

 

まあ、ぶっちゃけこれだけ覚えておけばオッケーですね。←

そんな世界中の民族について網羅された1冊です。

 

しかし、「どこの出身?」で会話を始めることに慣れてしまってる日本人にその質問を封印されたら、まさにコミュ障まっしぐらです。

ということで、「ここの民族にはこんな会話がおすすめだよ!」というおすすめのトークテーマが載ってるのが良いですね。

 

終始、新しい発見があって面白いですが、なんせ情報が多すぎて覚えられないので()「海外旅行に行く」などの時にガイドブックとして持って行くのがベターかなと。

踏んではいけない地雷は、あらかじめ知っておきたいところです。

 

海外に行く用事がなくても、読み物としても普通に面白いのでおすすめです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

壮絶なノンフィクション! by 『メキシコ麻薬戦争』【書評】

  イギリス人ジャーナリストが追った「メキシコのリアル」です。   Follow me!

【書評】逆に「アフリカひでえな」ってなった1冊― 『「本当の豊かさ」はブッシュマンが知っている』

  良いですね。   Follow me!

no image

【書評】現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない

本を撮ろうと思ったけど ブックオフに売ったらしい。 関連記事:ブックオフにいろいろ売ってみた 去年読んだ自己啓発系ではNo,1です。 人間、自分には甘いもんですね。   「最近たるんできた」 …

【書評】状況は変えられる! 『影響力の武器 戦略編』

  さくっと。   Follow me!

no image

【書評】教団X

アマゾンの評価は酷い事になってますが 私はこーゆー作品も好きですけどね。   ポロリもあるよ!(´∀`*) 教団X 忽然と消えた彼女の背後に浮かび上がる2つの教団。 570ページほどの分厚い …

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。