【小説】遠田潤子 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】読まずに死ねない!ついに小説の枠を超えてしまった執念の物語―『人でなしの櫻』

投稿日:

 

こんなん見たことないぞ。

 

人でなしの櫻

しがない日本画家の竹井清秀は、妻子を同時に喪ってから生きた人間を描けず、「死体画家」と揶揄されていた。ある晩、急な電話に駆けつけると、長らく絶縁したままの天才料理人の父、康則の遺体があり、全裸で震える少女、蓮子がいた。十一年にわたり父が密かに匿っていたのだ。激しい嫌悪を覚える一方で、どうしようもなく蓮子に惹かれていく。

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

一言で言うと、「凄まじい!」ですね。

こんな読書体験は久しぶりです。

読み終わって半日ほど経ちますが、未だになにもする気が起こりません。←

 

とにかく圧倒されるのは、清秀と蓮子の愛と生への執念

狂おしいほどに愛を求め、生にしがみつき、そして「生きた証を残したい」という執念がグイグイと胸に押し寄せて来ます。

この話は、生涯忘れることないでしょうね~。

 

こんな「心に爪跡を残してくれる物語」って、共通して「視覚的」なんですよね。

本当に、目の前に清秀と蓮子がいるような錯覚。

直接、脳をこじ開けてイメージを送り込んでくるような凄みがありますね~!

もはや映画ですこれは。←

 

本当に意味での「生きる」って、こういうことなのかもしれないな~と、記事を書きながら改めて思いますね。

終盤での清秀のセリフが全てですよ。

 

「頼む。俺の心臓の最期の音を聞いてくれ」

 

 

これを読まずに死ぬ人がかわいそう…って本気で思うくらいおすすめです。←

凄みを増した遠田潤子マジックに圧倒されたい方は、ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】遠田潤子, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。