【小説】大石圭 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】まさかの展開に胸が切なくなる強姦殺人もの―『復讐執行人』

投稿日:

 

さすが。

 

復讐執行人

香月健太は33歳。3つ下の妻と5歳と6歳の娘たちと4人で横浜市郊外の住宅地に暮らし、大手家電メーカーの横浜営業所にサービスエンジニアとして勤務している。平凡でありきたりの毎日だったが、香月健太は心の底から幸せだった。あの男が現れるまでは……。明日から家族旅行へ行くという夜、事件は起きた──。

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

なんかもう、凄いですよね。

語彙力がなくなりますよ。笑

 

最初は「妻子を惨殺される」というエグめの展開で引きつけておいて、徐々に事件の全貌が明らかになっていく…という構成なのですが、これがまた切ない話なんですよね~!

本当に、これこそ「まさかの展開」ですよ。

 

ただの殺人鬼なわけではなく、殺人鬼目線のドラマがあるのがニクイ!

 

やっぱり大石さんの作品はこの「エグめ→切ない」が一番読み応えがありますね。

 

さくっと楽しめるホラーサスペンスです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】大石圭, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。